御仏前とお供物

gobutuzen.png

法事に出席するときは、「御仏前」かお供物又は「お供物料」又は両方を持参します。その「御仏前」又は「御霊前」の額は、一般的には葬儀の場合の半額程度とされますが、主催者側の条件や法事の規模、出す側の条件などによっても違ってくるでしょう。主催者と血縁関係にある人や後援者的な人は、法事費用の相互扶助の意味を含めて多くなりますし、故人と遠戚関係の者であれば「志」程度の「お供物料」でもよい訳です。お供物は最近「お供物料」で持参することが多く、ことに寺で法事をする場合は現金の方がよいでしょう。自宅で営まれる場合などに故人の好物を持参してお斎の際に出席者におすそ分けするなども座興となりますが法事の雰囲気をこわさないものであるべきです。