法事の服装

houji.jpg

年回忌法要の場合はその相談にもよりますが、主催者なら略礼服程度でよいでしょう。葬儀の時のような正装では、かえって気詰りな雰囲気になります。かといって一般の参列者よりも軽い服装にはならないように配慮します。なお、自宅でささやかに営む場合と、寺で多くの客を招いて営む場合とでは服装も当然変わってきますし、年回帰忌も回を重ねるごとに喪の表現を軽くしてゆくことになるかと思われます。