法事の主催者について

houji.jpg

法事の場合も誰が主催して全体の責任者となるかを決めておく必要があります。一般には、故人に一番近い人で、親の法事なら長男又は、それに準ずる人が、夫の法事は妻が、子の法事は親がなり、着席順、焼香順もこれにならいます。長男相続がなくなり核家族化した現在では、長男だけの責任とはいえなくなった訳で、理由からすれば喪主や法事の主役がだれであってもかまわないことになります。しかし多くの場合親の法事や墓を建てることなど費用のかさむ法事はお互いに話し合って分担する形がふえています。